注射だけで小顔になれる

注射器

注射後二週間で感じられる

副作用が少なく、安全で効果が高いことで知られるボトックス注射ですが、施術の際は医師の説明をよく聞き、指示を守ることが大切です。ボトックスは、シワ取りやたるみ軽減、またフェイスラインがスッキリと見える効果が期待されていますが、施術後はいくつかのことに注意しておく必要があります。まず一つに、薬剤を注入した後は、強く揉んだりつねったりせず、またマッサージ等も控えて、できるだけ安静に過ごすという点です。美容クリニックでは、シワやたるみの場所を正確に判断し、一番効果が出やすいと思われる箇所に必要な分量の薬剤を注入します。そのため、注射後に皮膚を触ってしまうと薬剤が必要な箇所に十分に行き届かない場合もあるため、できるだけ触らないように注意することが大切です。また、薬剤の効果は三カ月程度あると言われていますが、持続させるためには定期的に注射を行うことが必要です。三カ月から半年に一回程度の頻度で注射を行う人が多いため、施術後の見通しを立てて計画的に施術することが大切です。ボトックス注射は、シワやたるみを軽減して若返り効果があることで、今、美容業界で最も注目されている美容法です。ボトックス注射に含まれる薬剤は、元々はタンパク質から作られた成分で、筋肉を収縮したりその働きを抑えたりすることが可能とされています。医療分野では、顔面神経の手術などで使用されており、その効果と安全性の高さは以前から保証されていました。美容業界では、ダイエットでは期待できない顔のシワやたるみ、むくみなどを軽減するために用いられ、注射後、約二週間から一か月ほどで効果を感じることができます。元々、人の体の中にも存在するタンパク質を用いるため、拒絶反応などの副作用が起きにくいと考えられており、安心して始められる美容方法として人気です。また、顔だけでなく、二の腕などダイエットで痩せにくい箇所へも効果的だと言われており、顔の若返りと一緒に施術を行う人も少なくありません。ピンポイントで効果が出やすいため、「ダイエットしたけど部分的に痩せない」や「シワやたるみを集中的に取りたい」という人におすすめです。